秘訣を探ろう

こちらでは与論島の魅力を知るうえでは欠かせない情報が満載です。せっかくの旅行なので、外すことなくオススメの定番スポットをおさえておきたいものです。それらを知ることが楽しむ秘訣となるでしょう。

与論島の魅力を発見しよう

美しい海を見に行こう

CMでも使われた海の映像から、有名になった与論島の美しすぎる海が最大の魅力といってもいいでしょう。まるでCGを使ったかのように思えてしまうほど美しい海は、日頃疲れた心を癒やしてくれる力を持っているといえます。

少ない日数でも楽しめる

社会人だと、夏休みの日数も少なくツアーも数日しか楽しめませんよね。しかし与論島なら遠すぎることもなく、まるで外国に来たかのような感覚を味わえる開放感があります。島の大きさも広すぎることがないので、数日間の日数でも充分に楽しむことが出来ます。レンタカーがあれば旅行もしやすいです。

グルメを楽しめる

距離も遠すぎなくて、さらに南国気分を味わえる与論島はグルメも美味しいものが揃っています。ハイビスカスを使ったドリンクを選べば、写真映えしてより旅行を楽しむこことが出来ますね。天ぷらや沖縄そばなどもあるので、沖縄気分を食で楽しめます。

絶景スポットをチェック

与論島で必ず立ち寄りたい場所は、何と言っても百合が浜です。写真だけで見ると、その美しさから秘境だと思って海外を想像しがちでよね。実は沖縄から向かったら35分で着いちゃうんです。サンドバーを見に行く予定でしたら、見れる時期が決まっているので事前に確認しましょう。

おすすめスポットを知る

海

良い写真を撮ろう

旅行と写真が必須アイテムですよね。多くの写真を旅行中に撮るとは思うのですが、何処に来たのか明確にわかる写真がわかりやすくて良いです。そんな時に紹介したいのが、ヨロン駅という実際には使われていないモニュメントの看板です。実は観光客の中でも穴場といなっていて、写真映えするのでオススメです。

南国らしい花を見よう

ユンヌ楽園という場所では、与論島独特な植物を見ることが出来ます。ここでしか見られない貴重な植物を見て楽しむことが出来るでしょう。昔を感じさせる民家などを見学出来るので、是非立ち寄ってみて下さい。

歴史にふれよう

せっかく旅行で選んで来た場所ですから、その土地について詳しく知っていきたいですよね。そんな希望が叶う場所が、サザンクロスセンターという施設です。施設内には、歴史資料を展示しているので学ぶことが出来ます。展望フロアが設けられており、与論島の景色を一望出来ます。

夕日を眺めながら楽しみたい

シュノーケリングスポットとしても人気で最適とされるビーチは、赤崎海岸です。透き通った海を眺める事ができて、シュノーケリングだけでなく見るだけでも楽しむことが出来るスポットです。

到着後すぐ向かえる

空港からすぐ見える場所にあるビーチがパラダイスビーチです。こちらは観光スポットとしても定番となっており、アクセスしやすいビーチといえます。島に着いたら、すぐにビーチに寄りたい!と思う方に最適な場所です。

広告募集中