青色の秘密

海中

深い青に吸い込まれる

沖縄で有名な青の洞窟をご存知ですか?ダイビングやシュノーケリング好きの方では知らない人は居ないとも言えるほど人気のスポットとなっています。洞窟といえば地上にあるイメージですが、青の洞窟と呼ばれるだけに海と陸を中間とした場所にあります。

光が関係している

青の洞窟の水面が青に見える理由は、陸上が岩に囲まれているため少し薄暗くなっている所がポイントとなっています。そのことから太陽の光が届きにくい場所です。しかしいわの間を通ったわずかな光から水中に光をさしているので、水中が不思議な程に明るいのです。海水を通した光なので、水面が青く見えるのです。

設備が整っている

シュノーケリングを楽しめる青の洞窟は、沖縄本島の中央に位置した恩納村にあります。そのためレンタカーを利用してダイビングに行くことをおすすめします。設備もしっかり整っており、シャワー室などもあるので安心して楽しめます。

青の洞窟を見るためのチェックポイント

行きたい時に行ける

観光客の方にとって嬉しい内容としてあげられるのが、青の洞窟はいつでも見に行くことが可能なところです。シーズンによって、混雑状況は変わりますが基本的に見に行くことは出来ます。海なので、気候の悪化などで行くことが出来ない場合はあります。

楽しむための事前準備

青の洞窟を思い切り楽しむ為にもベストな時期を調べてから行くことが大切です。海の色を映し出しているので、季節や時間によって青色にも変化が起きます。しかし、ベストな時期こそ人が殺到するので事前に予約や計画を立ててから行くことをおすすめします。

陸上とは違った光景

海面から青の洞窟を見ることも楽しめますが、実際に海に入って見る光景はより一層美しい光景を見ることが出来るでしょう。洞窟とはいえ、海に入るので専門のスタッフに従って、正しく泳ぐことが大切です。

広告募集中